神経の働きが狂い

検査を実施して

生活習慣によって変化していくのです。ストレスなど、さまざまな要因が重なってのことでしょうが、第肉食、砂糖づけの食品添加物オンパレードのインスタント食品、清涼飲料など、戦後、私たちの食生活は大きく変わりましたが、戦後10年経って生まれた人たちは、現在51歳戦後20年経って生まれた人たちは現在41歳で、戦後30年経ってからの人たちは31歳です。当たり前のことですが、何を示したいかといえば、年代が若くなければなる程、欧米化、添加物入りの食事を幼児から食べ始めたことになります。彼等は既に小学生の頃から、食生活が欧米化し、ステーキやお菓子類、乳製品を食べ始めたでしょうつまり、戦後大きく変わった食生活のツケは生年が遅くなるほど、肉食や砂糖の害に侵される確率が高くなるということです。
ガンが減少するわけがありません前のページで中学生の犯罪が増加していることを書きますが、しょう。つまり、戦後30年以上経って生まれています。
14、15歳の彼等は平成生まれです。
母親は30代で冷凍食品、インスタント食品、レトルト、農薬、食品添加物、お菓子に、肉、卵、乳製品と、血液を汚す食べ物ばかりです。さらに、前のページでお話ししますが、ご飯すらまともにつくらない食事なのですから、血液がドロドロに汚れてもしかたがありません。

そのことに遅まきながら氣づいたマスコミは、血液さらさら健康法などで盛んに食事の大切さをクイズ番組などで見せていますが、どれほどの視聴者が食事に氣をつけているでしょうか袋おかせいしゅう華岡青洲江戸時代中期の医師の記録に、乳ガンが一例だけ書かれていますが、華岡青洲も遠い異国の病だと思っていたものが、日本でもガンに罹る人がいたということに、かなり驚いたようです。
戦前の日本の食事は、現在の私たちから見れば簡素なものですが、とにも立ち向かう心身がありました。
でも体は頑健で精神も凛とし、どんなこちなみに大正14年に調査した東京·深川の小学生320人の副食物の記録をみると、朝はほとんど味噌汁にお漬物、昼は野菜、豆、お漬物などで、夜になって魚が加わりますが、魚を食べるのは生徒数の約半分。

医師の頭の中の引き出しが少ないからにほかなりません。

それに煮付けです。卵を食べると答えたのは、夕食に5名のみです。肉は、たったの1名これが戦前の食生活の一般的なものでした。子供たちにADHDも低血糖症第2、前のページ参照もいませんもちろん、生活習慣病も『松本英聖·医事論集』技術出版によると、さらに時代をグーンと遡り、聖徳太子が編纂した『医綱本紀』というれっきとした医書に、「古来、日本は神の国であり、昔は病氣などなかった。しかし、時代を経るにっれて、人々の行業が乱れたため病氣が現れた」とあります。穀物菜食をすすめ、肉食を厳に戒めるとあります。古事記·日本書紀に先立つこと100年も前の本に、時代を経るにつれ病氣が現れた、現代は何をかいわんやです。
人類はどんどん退化しています。とあるのですから松本英聖博士とは親しくさせて頂き、初めてお会いしたときお食事をしたのですが、大根おろしのシラスでさえ、召し上がりませんでした。動物性のものは一切排除なさり、魚も全く摂りませんでした。博士は、白血病を玄米·菜食で直されたのです。とにかく、日本人の伝統食に戻りましょう。あなたのこころを澄み切るためには、まず食事からです。もちろん、ガン予防にもなることは言うまでもありません。詳しくは拙著の『ガンに打ち克つ自然食パワー』廣済堂をお読みください。
戦後の栄養学を信じてはいけない!
高脂血症というのは、血液中の中性脂肪やコレステロール値が高い症状を指しますが、2200万人もいます平成12年厚生労働省
潜在患者も含めると国民栄養調査からみると、男性は30代から、女性は50代からほぼ2人に1人は高脂血症にあると考えられています。自覚症状がないため、わからない方が多いのですが、最近では健康診断で判明する方も多いようです。友人が高脂血症だと診断されました。彼女から、驚いた話を聞きました病院で診断された後、栄養士から食事指導があったそうです。高脂血症なのにもかかわらず、栄養士が言う牛乳を摂りなさい
彼女だけではありません。ときどき耳にすることです。ストレスと考えて落ち込む人

ガンのみではなく

ケアマネジャーが患者さんの手を引いてきたからです。戦後の栄養学、カロリー学が未だ尾一般人のほうがテレビなどで、多くの知識を得ています。しっかり学んでほしいのは、医師には、卵、その根拠は何なのでしょう。
理解できません。
肉、こうした話は、を引いています。
と!
と栄養士です。栄養士と言えば、思い出すことがあります。母が亡くなった後、くれて、長野県のある施設に泊り込みで行きましたあまりに沈み込んでいた私を友人が誘って幼いときに小児麻痺になり両親から見捨てられた人、知的障害のため両親と離れて実は見捨てられた暮らしている人、ご主人の暴力DVから逃れるために入っている女性、理由はさまざまでした。そこで、本当に多くのことを学びました。
さて、その施設で私がお料理をつくりましたの食材を使った料理も紹介しています。確か、でした。その他にも、何品かつくりました。
実は、私はお料理が大好きで、雑誌デネモネ』にて自然食パスタのホワイト·ソースでした。
牛乳も販売している施設そうしたら、彼等が本当に喜んでくれたのです。「こんな、おいしいもの、初めて食べた。生まれてから、こんなにおいしいもの食べたことないよ」ってことでしたが、それはマズイものだそうで。お決まりのように、肉、卵、牛乳、カロリー、栄養と繰り返し、つくった食事は彼らの言葉によれば、食べる氣がしないよ、とのこと聞くと、1週間に1度栄養士が来て、食事をつくるとのその後も彼らとの交流は続き、母を亡くした私の氣持ちをいちばん理解してくれたのも彼らでした。

薬物療法が進んでいます

病気はいずれもかなり大きくなる
哀しい人ほど、やさしいものです。
人は高血圧、糖尿病、人工透析、全て増加の一途高血圧の患者数は人口10万人に対して1955年には61人だったのが、省2002年には477人厚生労働と急激に増加しています。
2000年の調査によると、30歳以上の男性の約51。7%、女性は39.7%が高血圧だとされています。
約半分が高血圧です。糖尿病で、治療を受けている人は約212万人平成11年患者調査ですが、平成9年に行なわれた糖尿病の実態調査によると、糖尿病の疑いのある人、可能性を否定できない人を合計すると、なんと1370万人と推定されています。成人の6人に1人は糖尿病で、約3割が素因者と言われています。糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人は、年間1万人以上、糖尿病が原因の視覚障害は、年間3000人もいます。平成12年人口動態統計

さて、その腎臓病ですが、平成17年に腎臓の人工透析をしている人は24万人で、に関する医療費は、1兆円を超えています。
毎年1万人ずつ増加。
透析医療費の総額は、2004年度で28兆5151億円にもなります。メタボリック·シンドローム、子どもの肥満は深刻最近、テレビで耳にする病氣に「メタボリック·シンドローム」
厚生労働省の調査結果で、4074歳の日本人男性の2人に1人、というのがあります。
女性の5人に1人がメタボリック·シンドローム、またはその予備軍と発表しました2006年5月
メタボリック·シンドロームを一言で言えば、内臓脂肪蓄積によって、態です。もっと解りやすく言えば、肥満です。
さまざまな病氣が引き起こされた状雑誌の特集は、ダイエットばかりです。
テレビの奥様番組は、やはり肥満解消が大きく占めていますし、テレショップのダイエット商品もよく見かけます。肥満度は、男性·女性とも10、20年前と比べるとグーンと増えています。
3050代で肥満者が30%を超えています。肥満度からみると男性のほうがそして、子ども達の肥満もかなり問題視されています。
検査で炎症や胆道系の病変について調べ

検査を受けて完治したかどうかチェックしてください。

厚生労働省は、平成19年度より子どもの肥満防止に乗り出すそうです。子どもの肥満は年々増加の一途で、平成8~12年には15%。最近の研究では、肥満の男児12歳には総コレステロール値と血圧の関係に異常が多いことがわかった、とのこと。
現代は、子どもの5人に1人が生活習慣病予備軍と言われています。子どもの生活習慣病は、かなり母親の責任が大だと思われます。まず、母親教育を根本からし直さないと食育を実行したところで半端な結果になるような氣がしますが….ところで、肥満と睡眠は深く関係していることも判明しています。富山大での調査によると、子どもたち!
万人を調査したところ、3歳の時点で睡眠時間が9時間未満だった場合、中学1年時で肥満になった割合は20%になり、睡眠時間が1時間以上だった子どもよりも1.6倍、高かったそうです読売新聞そもそも子どもたちの就寝時間が年々遅くなっており、夜の10時以降に寝る5~6歳児は2000年には40%にもなっています。
信じられません日本小児保健協会
親の生活リズムに合わせているのでしょうが、5歳児をそんな時間まで起こしている親たちは一体何を考えているのか、と叱り付けたくなります。親たちの生活習慣がなっていません。
さて、ダイエットはとても簡単です。玄米·菜食にすれば、苦労知らずに余分な脂肪がとれていきます。痩せすぎを心配するくらい痩せますが、決して体力が落ちることはなく、こんなに簡単にできるダイエットをなぜ女性たちが実践しないのか、不思議です。試しに1カ月間実行してみてください。痩せるし、肌もきれいになるし、した。できたら、100日間を目標として、実行してみてはいかがですか顔も小さくなります。

遺伝子レベルで不老長寿

薬の売上げ上位
私がそうで100日間を達成したときの喜びは、が新たなチャレンジも生み出します。本人しかわからないものですし、一つの思い出ともなります。
達成感私は現在水行を実行しています。これは、神道では知られたことですが、毎朝、お塩で体をお清めした後に、数え歳だけお水をかぶります。400日を既に済ませ、500日に向かっています。実践してみなければこの清々しさはわからないでしょう。できれば、もっと若いときに始めればお水をかぶる量が少なくて済んだのですが睡眠障害ナルコレプシーという現代奇病最近話題の病に、睡眠障害もあります。夜の不眠はもちろんですが、昼間に眠くてたまらない、朝起きられない、など睡眠に問題を抱えている方が多いのです。体内時計が狂ってしまったことが原因の一つとされています。
ナルコレプシーという病氣が登場しています。
簡単に言えば、居眠り病です。なぁーんだ、居眠りなら常習犯よ、という方も多いでしょうが、その居眠りの度合いが違います。大事な商談中に眠ってしまう、試験の最中に眠り込んでしまった、など尋常ではないのです。
病院では睡眠障害専門の分野までできているのですから、全く人間が人間ではなくなってしまいました。
テレビでも同様の睡眠障害を報道していましたが、その解決策に無理やり早起きをして、カーテンを明け光を取り入れこれが大事です、食べたくなくてもご飯を食べるこれで体内を目覚めさせます、といった生活を1~2週間続けたところ、見事に直っていました。
体内時計を戻すためです。早寝早起きは、大変に大切なことだと分かります。朝起きて、夜は早めに就寝する。ごくごく当たり前のとができていない世の中です。そして、引きこもりや自閉症の人たちの特徴は、昼夜逆転していることです。ですから、まず一歩は早起きからです。ところで、睡眠障害の資料を読んでいますと、医師が抗うつ剤や覚醒作用の強い薬を投与するとありますが第2、前のページを読んでいただくと分かりますが、絶対に薬を飲むようなバカなことはしないでくださいニート、フリーターは食事が一因進学も就職もしないニートは、約213万人とされています。


ケアマネジャーが患者さんの手を引いてきたからです。 健康を考える女性専門家の会 薬を飲んでいるという具体的な話までは聞いていません。

病気になるのは当たり前なのです。

細胞の数は何億にもおよびます。

バイアグラはアメリカで一九九八年には売上トップの薬となった。
勃起不全、脱毛症、肥満などの治療薬や栄養補助食品が異常なほどの人気を博すということは、それらにだわり、その悩みを何とか解決したいと思っている人がかくも多いということの証明であろう。これらの薬が人気を呼んだことで、生活や人生の中で、多くの人にとってセックスに関すること、あるいは容姿に関することなどが、病気とは別であるが人生の重要な問題であり、強く意識されていることが浮き彫りになっこれらの症状に対する薬は、従来はどちらかというと民間薬の守備範囲であった。
発から生まれてきて、しかも画期的な効果があることに意味があるといえるだろうそれが最先端の医薬品開さらに、新薬研究の奥には、遺伝子レベルの研究がある。そのことから、ライフデザイン·ドラッグは、最先端の研究の一環から生まれてきたともいえるだろう。
そして、ライフデザイン·ドラッグと称するものの中には、結果的に生活習慣病の予防や改善に役立ち、長寿につながる効用があるものもあるライフデザイン·ドラッグやライフスタイル·ドラッグという名称は、法律に基づいた用語ではない。そういうこととは関係なく、こういった薬や栄養補助食品が登場してきたことは、セックスや容姿に悩む人たちとって福音であろうし、また、それらを解消する方法の選択の幅を広げたということでも意義があると思われる自己の責任で選択、使用することが大事ライフデザイン·ドラッグと称されるものには、薬もあれば栄養補助食品としてのサプリメントもある。外国では薬として承認されているが、わが国では未承認のものもある。承認されているものでも、処方箋が必要なものと、また、薬局で普通に購入できるものがある。さらに、バイアグラやビルがそうであるように、処方箋が必要な病院薬として承認されており、しかも健康保険適用の対象にならないものがある。
薬をもらえば安心するのです。

健康保険が適用にならない理由として、個人の生活の質を向上させる目的の薬だからという考えがあるこれらライフデザイン·ドラッグは、個人の生活を豊かにしたり、生活の質を改善したりするもの。健康で長生きするという目的の中で、これらライフデザイン·ドラッグを上手に活用すれば、人生に彩りが生まれ精神的にも豊かになるはずであるただし、生活の質を高める薬とはいえ、薬には違いないから副作用もある。実際、バイアグラを服用して死亡した人もいる。自分の責任のもとに選択し、使用するという意識を持つことが大切であろうなぜ外国で認められている薬が国内で使えないのかバイアグラやピルは承認されたが、まだ、手するには個人輸入するしか方法がない。
わが国で承認されていないものは多い。
認可されていない薬を入バイアグラやミノキシジルが話題になるや、個人輸入を代行をする会社が雨後の筍のように出現した。
また、インターネットを利用して個人輸入代行を行なう会社も現われた。さらには、バイアグラを入手するためにハワイに行くツアーまで計画されたりした。
なぜ、欧米では認められている薬がわが国では認められないのか。
に時間がかかっているのだが、それはどうしてなのだろうか認められないというより、正確には認可新薬が開発、販売されるまで、わが国では次のようなプロセスをたどるまず、新薬のもとになる新たな物質が発見されるか、あるいは合成、バイオ·テクノロジーな人を対象にした臨床試験が三段階に分けて行なわ発酵、培養、そして、動物使って試験をした後、どによってつくられる。

ケアの役割などについて理解を促すよう

  • 症状が強く出ている患者さんを落ち着かせる処方
  • 頭痛以外の冷え
  • 医師との相性の多くの男性の婦人科医は本当に気を使って


検査などをぜひ加えていただきたいと思います。


検査子宮内膜症と子宮筋腫

れる。
製薬会社は、これらの手続きによって医療上の有効性と安全性が確認された新薬について、製造承認の申請を厚生省に行なう。厚生省は中央薬事審議会厚生大臣の諮問機関に諮り、審査をパスした新薬の製造を厚生大臣が承認して、実際に販売される。
ただ、最近は、医薬品市場のグローバル化の影響で、変化も見られるようになった。
たとえば、欧米の製薬会社が日本で新薬の販売をするとき、以前は、人種による効果や副作用の違いを調べる必要から、日本で改めて臨床試験をしていたが、日米欧の協議で海外での試験データが日本でも使えるようになったのである。バイアグラにはこの新ルールが適用され、日本での臨床試験を短くしたため、早期の発売が可能になっまた、新薬の承認申請から承認までの事務処理期間は、これまでデータ不備による再試験がない場合でも最長1年半かかった。
しかし、二000年四月からはこれを1年に短縮することも決まっている。流れとしては以前に比べて早くなったといえるだろう。
勃起不全改善薬·バイアグラ米国·ファイザー社が開発したバイアグラを米国食品医薬品局が勃起不全EDして認可したのが、一九九八年の三月だった。そして、四月に発売されるやいなや、に効く世界初の飲み薬とあっという間に広まっ半年で五億五100万ドル約六発売以来、は、三億円という驚異的な売上を記録した。また、同年六月にのドール元上院議員が服用し、グレートと絶賛して話題になった。
ストレスはうまく解消されない

薬ですから値段も高いのです。

発売から九カ月七十四歳当時間で三00万人に処方され、「泌尿器科の治療薬の中で最も成功した薬」
と評価されるようになったという三月二十三日から日本ファイザー製薬がわが国では一九九九年一月二十五日、厚生省によって承認され、医師の処方を必要とする医療用医薬品
として正式に発売したこのバイアグラは、もともとは心臓病の血管拡張剤として開発されていた薬だった。臨床試験で思ったほどの効果がないため、中止して薬を回収しようとしたところ、応じない患者がたくさんいる。理由をたずねると下半身に効果があるから服用を続けたいという。また、副作用として、勃起力が高まったという声があって医療関係者が勃起不全に対する効果に気がつき、勃起不全改善薬として新たに開発されることになったこの薬は、その気になっても十分に勃起をしない人や、勃起しない場合に非常に役立つ。物理的に無理やり勃起させるのではなく、性的な刺激があったときにペニスの正常な反応を助けるもの。勃起機能の促進をもたらすだけであって、脳に作用するわけではない。だから、飲むだけでその気になるというわけではない。
射精後も勃起状態が続くこともあり、その効果に目を瞠ったというケースも多いらしいバイアグラの原理を簡単に解説すると、次のようになる性的に興奮すると、大脳からシグナルが発せられ、勃起に必要な化学物質であるGMPがペニスの中に分泌される。
このGMPがペニスの筋肉細胞を弛緩させて、血液を流れやすくする。
つまり、勃起状態になる一方、GMPが常に分泌されると勃起状態が持続するため、GMPを分解する体内化学物質のPDE5が存在し、調整をしている。このバランスが崩れてPDE5の力が強くなると、いくら興奮してもペニスの筋肉細胞が弛緩せず、勃起しなくなるバイアグラは、このPDE5の働きを抑え、GMPの減少を防ぐ役目を果たしている。


動脈硬化症の患者に対

細胞内のどこであろう

が崩れる原因はさまざまで、心因性ストレスもその一つと考えられているこの両者のバランス勃起不全は、このGMPの分泌量が少ないか、あるいはGMPを破壊してしまう酵素の分泌量が多いために生じる症状と考えられている。なお、最近、医薬品業界ではインポテンスという言葉は使わず、勃起不全EDという用語で統一している。
バイアグラのこの原理を発見した米国の薬理学者三人は、九八年のノーベル医学·生理学賞を受賞したの三人は血管拡張の研究を続け、一酸化窒素NOが血管を拡張させることを突き止めた。この仕組みは心臓病の治療薬を開発する基礎にもなっているバイアグラは女性が服用しても効果があるといわれ、あるという報告も現われた。
人気に拍車がかかった。
さらには、不妊治療に効果が勃起障害が原因で不妊に悩んでいる男性は、勃起不全の人の約二割にも上るといわれている東邦大学医学部の永尾光一講師が、九九年三月下旬から五月下旬までの1カ月間に東邦大学大森病院を訪れーセントを占めたさらに、同講師は、不妊症のED患者のうち二七人にバイアグラを処方し、妊娠への効果があったかどうかを研究した。このうち、1カ月以上継続して経過を観察できた患者10組を対象に、服用前後で性交渉の改善について調べた。カップルの平均年齢は夫が三十七.六歳、婪が三十四.五歳で、不妊期間は平均で111年+カたED患者一六七人を対象に調査した結果、不妊に悩む男性は三二人で、全体の一九月だった。

セントから九一その結果は、セントへ大幅に改善され、性交渉がまったく不可能で射精もできなかった男性が完全に改善した例も含まれているという。
実際に性交渉に成功した頻度をみると、平均で服用前の三八射精できた頻度も110パーセントから七三.七パーセントまで向上した。
中にはさらに、七月の時点で、妊娠したカップルも一例あるという。永尾講師はバイアグラは男性側の性的不能が原因の不妊には高い効果があることがわかった。
も研究でほぼわかっており、少子化対策にも貢献できるのではないかと語っている。
胎児への影響がないことこれまでは、男性側に性的不能の障害があるカップルの場合は人工受精を行なうことが多かったが、自然な形での妊娠を望む夫婦にはバイアグラは福音となるのではないだろうか。バイアグラには、不妊治療薬としての効果もあったわけである前述したように、厚生省は、一九九九年一月二十五日、バイアグラの製造、輸入を承認した。
薬をもらえば安心するのです。


医師とカウンセラーです。

申請から半年という異例の承認スピードの背景には、並行輸入による不適正な使用などで死者が出たことなどから、正規ルートで管理したいという厚生省の意向があったと見られている。また、医薬品の規制緩和ということで、欧米との摩擦を避けたいという、外務省の意向もあったといわれているそして、三月二十三日から、日本ファイザー製薬のバイアグラが、医師の処方を必要とする医療用医薬品として正式に発売された。アメリカで発売されているのは二五ミリグラム、五0ミリグラム、100ミリグラムの三種類であるが、わが国で製造、処方されているのは二五ミリグラムと五0ミリグラムの二種類。
ところが、厚生省は八月三十日、バイアグラが1月に国内で承認されて以降、服用者が心筋梗塞などを起こしたケースが三三例あり、うち11人が死亡したと発表した。
服用との因果関係は明確ではないがち、死亡した二人を含めて二五人までが医師の承認なしに、個人輸入などで薬を入手しており、同省は安易な個人使用は危険と注意を呼びかけた。
11人のう同省によると、死亡したのは七十代と四十代の男性。七十代のケースは、以前から胸痛があり、服用後に性行為をし、胸痛発作を起こして病院に運ばれた。心筋梗塞と診断され、十一日後に死亡。四十代の男性は11月服用後に死亡したが、詳しい状況や死因は不明で、心筋梗塞などは認められていない三三人の症状は、心筋梗塞が10人で、心不全、低血圧、脳梗塞がそれぞれ二、三人いた。年代別では、五十代が一六人、四十代七人、六十代六人など。処方を受けた八人のうち、心筋梗塞は三人で、性行為で胸痛などを訴えたが、入院治療などにより回復している。バイアグラを国内で販売しているファイザー製薬では「正しく服用すれば決して危険な薬ではない。

健康上のメリットが大きいといえるでしょう。

薬の効果も侮れません。

こういう傾向は世界のどの地域でも見られた、脂肪や塩分が多い。そのため高と家森教授は報告しているまた、ハワイの沖縄県人会の日系人を調査したところ、七十歳以上の人たちの健康状態は良く、脳卒中を起こした人も寝たきりの人も少なかった。食生活では、食塩の摂取量が少なく、しかも、塩の害を抑える栄養素を十分にとっていた。果物や、沖縄から持ち込んだニガウリなどの野菜などをよく食べるが、これらの食品には、食塩のナトリウムの害を抑えるミネラルが豊富に含まれている蛋白質の摂取源としては、魚をよく食べ、沖縄豆腐などもよく食べていた。肉も同じくらい食べていたがゆでこぼしなどの沖縄伝統の調理法を行なっていて、脂肪を過剰に摂取することが避けられていた沖縄は世界的な長寿の地域として、世界の研究者から注目されている。
沖縄の伝統的食事は長寿食とみなされているが、ハワイに移民した沖縄の人たちの間では、異国の地にあっても、沖縄の伝統食が廃れることなく伝わっていたというわけである家森教授は、を挙げている世界中の長寿·短命地域を調査した結果から、長寿を達成するための条件として次の10カ条

、食塩を控える・動物性脂肪のとり過ぎに気をつける・野菜·果物をたっぷり食べる・牛乳やヨーグルトなどの乳製品をとる・魚·内臓肉、大豆で良質の蛋白質やタウリンをとる・いろいろな食材をバランスよく食べる・適度な運動を心がける・どの食品にどんな栄養素があり、どのような食べ方がよいかを学ぶ・友人や家族と一緒に食事をとる

10·小さなことにこだわらず、前向きに生きるまた、家森教授はその研究の結果から、興味深い教訓を導き出している。

老化防止の最も効果的な方法であると考えられるただ

魚、大豆、海藻という日本の代表的栄養源を、短命地域であるブラジル内陸部のカンポグランテ在住の、生活習慣病のリスクの高い人たち100人に十週間食べてもらったところ、血圧や血ーコレステロール値などが改善したという。日本の伝統的食品の良さが証明されたわけで、家森教授は、「このような結果をもとに、短命地域を長寿地域に変え、長寿地域の伝統食を守っていくための処方箋を地球規模で出していきたい」と語っている。
さらに、家森教授は、長寿ということに関し、「血管が寿命を決めているといっても過言ではない」と、血管の重要性を次のように強調しているテロメアが寿命を決めているという知見は、二十世紀後半における、非常に大きな学問的成果と言うことができます。
しかし、現実的に何が寿命を決めているかというと、人が亡くなる主な原因となっているのは、脳卒中や心筋梗塞といった、脳と心臓の疾患なのです。脳や心臓の神経細胞は、一度なくなってしまったら、原則として再生しません。しかも、脳の神経細胞などは、たった四分間の虚血でも駄目になってしまいます。心臓の心筋細胞も、それが駄目になって心臓が止まってしまえば、血液循環が行なわれなくなり、全身が死んでしまいます。この側面から見ると、脳卒中や心筋梗塞という疾患は、血管にかかわる疾患と言うことができます。しばしば『人は血管とともに老いる』と言われますが、まさに、『血管が人の寿命を決めている』と言っても過言ではないわけです(NHKスペシャル驚異の小宇宙·人体Ⅲ遺伝子.DNA『命を刻む時計の秘密-老化と死の設計図-』より)長生きの条件については、がある都内の七十歳の人を十五年間追跡調査し、分析した東京都老人総合研究所の調査それによると、長生きのための条件は、・血液中の蛋白質が多い・血色素が多い・太り方は中くらい・握力が強い・短期の記憶力がよい・運動の習慣がある・タバコを吸わない・お酒を少し飲む・社会活動性が高い10·牛乳を飲む11·油脂の料理をよくとる次のとおり。

 

治療を始めることが大切です。

認知症センター薬剤で行動を穏やかにするほうが先決です。

また、同調査は百歳以上の人に関する食生活も調査しており、それによると、性八〇パーセント以上が、毎日欠かさず肉、魚などの動物性食品をとっていた。
男性の100パーセント、女前述したように、長寿者が多いことから、沖縄の食事が注目されている。沖縄は他府県に比べ、脳卒中、心臓病などの代表的な循環器系の病気が少ない。食事は、豚肉などの動物性蛋白の摂取量が多く、塩分の摂取量が少ない。また、ニガウリなどの野菜をたくさん食べる習慣もある。肉は一度、湯どおししてから使用するので過剰に脂をとることもない。このように、全般的に長寿地域や百歳以上の人の食事は、塩分の摂取が少なく、野菜、豆類などの植物性食品を多くとっており、しかも、肉、魚などの動物性食品を適度にとっているといえる。
沖縄の長寿者については、今日では伝統的食事に変化が見られるようになったからだろうか。同じ長寿者でも、以前は元気があふれていたが、現在は百歳以上の人の数は増えたものの、以前よりも元気な高齢者は減ってきているようだ。沖縄の人たちの長寿と食生活などの関係を研究したきた、鈴木信·琉球大学名誉教授現、沖縄長寿科学研究センター長によると「百歳以上の人の総数は増えてきたが、そのうちで寝たきりの人が占める割合も高くなってきた」という。
同教授が百歳以上の長寿者の研究を始めた一九七六年頃、沖縄の百歳以上の人は三十人程度だった。そしてその九割以上が在宅で元気な、「かくしゃくたる長寿エリート」だったという。しかし、百歳以上が四00人近くに増えた今、六割が寝たきりか痴呆症だというのである。その理由について沖縄に長寿の人が多いのは食生活の影響が強いのですが、そのほかにも、温暖な気候や自然に親しむ生活また、家族と同居しているなど、さまざまな要因が関係していると考えられます。百歳の人は増えてきたけれど、元気な長寿者が減った背景には、生活環境の変化も関係しているのではないでしょうかと語っている百寿者の遺伝子がわかってきた世界の長寿地域の食生活の研究を背景に、さらに世界各国、長寿者に共通の遺伝子や因子を見つけようという研究が進んでいる。百歳を超えて元気に過ごしている高齢者を、センテナリアンセンチナリアンといい百寿者と訳される。

症状を訴える女性が増えています。ちなみに、センテナリアンは英語で、世紀を表わすセンチュリーという言葉から派生してできた言葉で、一世紀を生きた人の意味であり、百寿者は鈴木信名誉教授がつくったその訳語だとい同教授は、沖縄の百寿者六00人の遺伝子を二十年以上にわたって調べてきて、子があることを突き止めた。
この人たちに共通した遺伝その遺伝子とは、第六染色体にあり、病原菌などから体を守る免疫の機能に関係するHLA遺伝子の一つで、DR遺伝子と呼ばれる。この遺伝子には110種類のタイプがあり、それを父親、母親から1つずつ受け継ぐそれらの組み合わせのうち、沖縄の百寿者に最も多い組み合わせが特定できたというのであるその組み合わせは、DR1というタイプを持ち、DR9というタイプを持たない。
DR1は、外から侵入する細菌などの外敵に対抗できるのが特徴。DR9は、膠原病などの自己免疫性疾患にかかりやすいという。
つまり、が自分の体を攻撃する自己免疫性疾患にはなりにくいくい遺伝的素因があることが明らかになったのであるこの組み合わせの遺伝子を持つ人は、外敵に対する抵抗力免疫力は強く、しかも、自分の免疫れらのことから、沖縄の百寿者たちは病気になりにまた、フランスの百寿者では、あることが明らかになっている。
アルツハイマー型痴呆になりにくい遺伝子の型を持っているという共通性が百寿者は動脈硬化になりにくい以前から八十歳以上でも元気な人たちは動脈硬化が進んでいない、といわれていた。それを証明するデータは一部にはあったが、学会レベルでの報告はなかった。ところが最近、研究が進んできて、百寿者に共通する因子として、動脈硬化が進んでいないことが証明されるようになってきた慶応義塾大学医学部老年科の広瀬信義講師は、首都圏在住の百歳以上の人を実態調査しており、百寿者になるための条件を割り出している次頁表参照
認知症がわかるわけではありません。
認知症がわかるわけではありません。

健康によい理由かゆ前のページ

薬のメリットとデメリットを早急に知りたかったからです。それによると、百寿者には、心筋梗塞や脳梗塞などの致命的な動脈硬化性の疾患を持っている割合が低いと、同講師はいう「血液中の脂質を調べると、抗動脈硬化作用を持つHDL善玉2コレステロールの数値が高く、総コレステロール、LDL悪玉コレステロール、アポB蛋白など、動脈硬化の危険因子が低いことが明らかになりました」
HDLコレステロールは、大きくは2と3の二種類に分けられ、LDLコレステロールを抑制する働きが強いのがHDLの2のほうである。
アポB蛋白は、悪いコレステロールのもとになる脂質で、これが多いと血中のLDLコレステロールの数値が高くなるまた、遺伝的素因としては、百寿者には、アポリポ蛋白Eが2のタイプアポリポ蛋白E2の人が多いことがわかっているという。アポリポ蛋白Eについては、アルツハイマー病の項でも触れるが、これにはE2からE4まで三つのタイプがあり、両親から1つずつ受け継ぐE4を持っている人はコレステロールが高くなりやすく、動脈硬化が進みやすいし、アルツハイマー病にな一方、E2の人は動脈硬化にもアルツハイマー病にもなりにくいと考えられている。広瀬講るリスクが高い師は、若い人と百歳の人でEのどのタイプが多いかを比較調査した。その結果は、百歳の人ではE2を持った人は若い人の二倍、E4を持った人は若い人の半分で、百歳以上の人はE4の人は少なく、E2の人が多いことが判明している。

認知療法

ちなみに、沖縄の百寿者でも、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の防御因子であるアポリポ蛋白E2を持っている割合が高く、アルツハイマー型痴呆の危険因子であるアポリポ蛋白E4を持っている割合が低いことが明らかになったという。
広瀬講師によると、百寿者には糖尿病の人が非常に少ないのも際立った特徴の一つであり百寿者に糖尿病の人が少ないのは、フランスやデンマークでも同じです。糖尿病があると確かに寿命が短いという結果が出ています。現在百歳の人たちが五十、六十歳の時代には、食事療法などで血糖値をコントロールする方法がまだ普及していなかったので、血糖値のコントロールがうまくできていない人が多かったと思われます。
現在はそれが広まり、血糖値がコントロールされるようになったので、今後は糖尿病でも百歳まで生きる人が増えてくるかもしれません
と語っている。
一方、遺伝的に長寿に不利な素因を持っている百寿者もいることから、環境因子も寿命に与える影響が大きいことがわかってきたという。
遺伝的に悪い素因の人が、なぜ百歳まで生きるのでしょうか。環境因子の中で大切なのは栄養ですが、たとえば、栄養状態のよい百寿者は、栄養状態の悪い百寿者に比べ、日常生活の活動の度合いや認知機能が高いことがわかってきました。つまり、心身の活動性が高く、痴呆にならない、寝たきりにならないということです。
このように、部分的にはわかってきたこともありますが、しかし、遺伝的素因と環境因子の相互作用については、まだ完全には解明されていません。医師が多いからです。


薬剤で行動を穏やかにするほうが先決です。 神経症と言われるもんです。 ストレスはうまく解消されない