神経症と言われるもんです。

医師は少なかったはずです。

セレンは、ビタミンEの重要な補助因子であり、このことからビタミンEとともにセレンも十分に摂取することが必要といえようちなみに、沖縄の長寿者の血液中のビタミンEの量は、ほかの地域に比べて多いという報告もある

  • セレン
  • かつて、アメリカ酉部の土壌中にセレンが多く、牧草にも含まれ、家畜がこれを食べてセレン中毒を起こしたことから、セレンは有害金属と見なされていた。しかし、一九五七年に肝細胞の壊死組織の一部や細胞が死ぬことがビタミンEやセレンで防げることが発見され、必須金属必須ミネラルとして認められることになった。
    ミリグラム存在する。
    私たちの体に多くの作用を及ぼす重要なミネラルで、関節炎、一不足セレンは、すると、くなる体内に六がん、心臓障害、肝臓障害、筋ジストロフィー、炎症、老化が早まる、といったリスクが高そして今、セレンは、活性酸素を分解する酵素のグルタチオン·ペルオキシターゼを働かせるのに欠かせないミネラルであることから、重要な抗酸化物質とみなされている。また、セレンには活性酸素を捕まえて排出するビタミンEの働きを高める働きもある。
    そのほかにも、抗がん作用のほか、蛋白の合成、消炎、重金属と結合し排泄する、前立腺の健康を保つなどの作用があるはいせつ全身の免疫系を改善し、狭心症や心筋梗塞などの虚このほか、甲状腺ホルモンの働きを高め、血性心疾患のリスクを減らす働きもあるさらには、水銀が多い魚を食べている人では、セレンが水銀の私たち日本人は、比較的多くセレンを摂取しているが、中和に消費されるので必要量が増えるうなぎセレンを多く含む食品には、毛がに、ほや、かつお、鰻、さわら、あじ、まぐろ、たらこ、めいわし、ししゃも、すじこ、どじょう、いかなご、ほたるいか、さんま、牡蛎などがある

  • ベータカロチンとビタミンA
  • 帆立貝、うるかき古代ギリシアでは、夜間、視力が落ちる人に牛のレバーを食べるように勧めていた。一九一0年代に、卵黄やバターの中にラットの成長を促す栄養素が発見され、これを脂溶性Aと呼んでいたが、その後、ビタミンAと名づけられたベータ·カロチンは、植物がつくる色素のカロチノイドの一種で、カロチノイド類は六00種類くらい発見されている。植物がつくったベータ·カロチンを動物が食べると、体内でビタミンAに転換される。ビタミンAに変わるカロチンは五〇種類くらい知られているが、ベータ·カロチンが最もその力が強い。ベータ·カロチンなどのカロチノイド類は、野菜や果物などの植物性食品に多く含まれる。水に溶けるので、体内への吸収はよ一方、ビタミンAは脂肪の豊富な食品に多く含まれる脂溶性のビタミンであるから、なければ体内へ吸収されない。

    ストレスが影響します。

    脂肪と結合した状態でビタミンAが多い食品には、うなぎ、鶏レバレバーソーセージ、はも、鰻肝などがある豚レバー、牛レバー、銀だら、あんこう肝、ほたるいか、なぎもほいわのこまつなベータ·カロチンを多く含む食品には、干し岩海苔、ニンジン、小松菜、ふだん草、春菊、よめ菜、菜の花、からし菜、大根葉、パセリ、ひじき、明日葉などがあるマンゴー、ほうれん草、しゅんぎくあしたばビタミンAは、最も用途の広いビタミンの一つと考えられており、その役割は、たとえば、細胞膜を安定させる、副腎がコルチゾールという抗炎症性ホルモンをつくるのを助ける、甲状腺からの放射性サイロキシン甲状腺ホルモンの一種を正しく分泌させる、神経細胞の状態を良好に保つ、免疫システムの反応を助ける赤血球をつくるのを助けるなど、さまざまある。
    ふくじんこうじょうせん食品から摂取する場合は、ベータ·カロチンの形でとるのが効率がよい。しかし、ベータ·カロチンを摂取しても、体内でビタミンAにうまく変換されないケースもある。動物実験では、ビタミンAへの変換には、ビタミン、Esナイアシン、Bsパントテン酸とメチオニンを必要とすることがわかった。
    白米と野菜が中心の食事では、これらの栄養素が不足しがちになり、そのためビタミンAに変換されにくいちなみに、かつてベータ·カロチンは、肺がんを予防すると考えられていたが、ベータ·カロチンのサブメントによる実験では、喫煙者またはアスベスト石綿にさらされている人たちの肺がんに対する予防効果は証明されなかったわたこの実験は、通常、食品から摂取する量よりはるかに多い量をサプリメントで摂取させている。しかしのことは、サプリメントで大量に摂取することが危険であることを示しており、ベータ·カロチン自体が肺がんの予防に無効といいきることはできないだろう。

  • フラボノイド類
  • かんきつフラボノイド類は、植物に含まれる濃い色の色素で、柑橘類の果皮や果実、野菜、ナッツ類、種子、穀類豆科植物、茶などにも含まれる。

     

    免疫力は大きく変わります。

    薬を用います。医療でも介護でも同じです

    たとえば、ブドウ、ナスなどの色の濃い植物、花などの発色している部分にも含まれているほかにも、ミカン、オレンジ、レモンなどの柑橘類の果肉部分、大豆、ブルーベリコーヒーなどにも含まれ、日本茶やソバにもフラボノイド類が豊富に含まれているビール、ワインフラボノイド類にはたくさんの種類があり、よく知られているものに、イチョウの葉に含まれるフラボノイド、緑茶のカテキン、タマネギのクエルセチン、ブドウの皮のアントシアニン、大豆のイソフラボン、紅茶のテアフラビン、赤ワインに多いポリフェノールなどがある。これらはみな、広義でのフラボノイド類に分類されているの中で、フラボノイドはビタミンではないが、ビタミンPと呼ばれることもある。一九三六年、モルモットのビタミンC欠乏症には、ビタミンCを単独投与するよりレモンの抽出エキスを一緒に投与したほうが治療効果が高いことが発見された後にレモンからその有効成分が抽出され、ビタミンPと名づけられたイチョウ葉のフラボノイドはとくに抗酸化力がすぐれていることで知られ、イチョウ葉のエキスは、欧米では脳卒中や老人性痴呆症などの薬として盛んに用いられている。
    また、近年は、赤ワインに多く含まれるポリフェノールが善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防するすぐれた効果があるとわかり、赤ワインブムがわき起こったことは記憶に新しい緑茶に含まれるカテキンも注目されているが、抗酸化作用はビタミンEの五〇倍もある。また、日本人になじみのある食品では、大豆の効用が見直されている。大豆には、抗酸化物質があるイソフラボンが含まれているほか、大豆エストロゲンが女性の骨粗鬆症などに非常に有効で、世界的にも注目されている。

    うつを軽くする落ち込んフラボノイド類の作用には主に次のようなものがある・活性酸素を消去する・毛細血管を丈夫にし、その透過性が高まるのを抑える・ビタミンcと共同で結合組織を健康に保つ・ビタミンCが酸化され、壊れるのを防ぎ、ビタミンCの効果を高める・更年期に起こる体のほてり、のぼせを緩和するとうかそのほか、ウイルスを撃退する、腫瘍ができるのを防ぐ、炎症を抑えるなどさまざまな働きがあるしはん脳出血、重い月経などの発症に関係すると考えられている歯茎の出血、高血圧、糖尿病性網膜症、フラボノイド類が不足すると、動脈硬化、鼻血、痔、紫斑病、習慣性流産分娩後の過度の出血、皮膚障害、フラボノイド類は、先に述べたような植物性の食品に含まれるが、両者を合わせて積極的に摂取することが望ましい。

  • SOD酵素を強化する食品
  • ビタミンCと助け合って働くことからスーパー·オキシド·ジムスターゼSODは、体内で合成される強力な酸化防止酵素のことである活性酸素などによる酸化が体内で進むと、それに応じて体内でのSODの濃度も高まる。しかし、SODをつくる能力は年をとるにつれて弱まるので、である。
    SODと同様の働きをする栄養素を積極的に摂取することが大切体内でつくられるSODには、らSODが、免疫のシステム、銅やマンガンなど多くのビタミン、ミネラルが複合体の形で含まれている細胞、神経系など、体のさまざまなところで重要な働きをしている。

    SODは、酸素を利用する生物内に存在しており、酸素と接触する細胞にとって、欠かすことのできない強壮剤といえよう。酸素とさまざまな還元反応によって体内では活性酸素がつくられるが、その害を除去するのSODは欠かせない。
    SODの働きを最高のものにするには、SODがつくられるのを助けるものを体内に補給しないといけないえつまり、亜鉛、銅、マンガンといったミネラルを摂取することが必要となるSODは、別の酸化防止酵素と一緒に作用することがあり、ともに体内のビタミンEの抗酸化作用を保ち強化するきんいしゅくせいそくさくこうかしょうSODの欠乏は、筋萎縮性側索硬化症ALSを引き起こすことが知られている。
    していく病気で、これだけでも抗酸化物質とSODの補給が必要だとわかるこれは神経系が萎縮要するに、SODは体内に存在し、さまざまな器官、神経、筋肉、細胞の保護に役立つ。食事でSODを摂取することはできないが、SODをつくるための栄養素を摂取することはできる。
    治療そこに高血圧が加わるために起こります。
    治療そこに高血圧が加わるために起こります。

    ストレスは積極的に解消して

    健康人が何体内にたくさんSODをつくるために、亜鉛、銅、マンガンをはじめとするミネラルやビタミンを含む食品を積極的に食べるようにするとよいし、これらの栄養をサプリメントで補給する方法もあるマルチ·ビタミン·ミネラル剤などで数多くの抗酸化物質を摂取以上挙げたように、抗酸化物質といわれるものには、問題は、何をどのように摂取するかであろう。
    ビタミン、ミネラルをはじめさまざまなものがある抗酸化物質といわれるものは、昔からの日本的な食材に非常に多く含まれている。穀類、イモ類、豆類、キノコ類、魚、海藻類などを多く用いる、いわゆる和食は、抗酸化物質の宝庫で、こういう内容の食事であれば活性酸素対策は十分可能である。
    しかし、今日では一般的に食事は洋風化し、抗酸化物質が不足する傾向が顕著になってきたそこで、栄養補助食品としてのサプリメントの利用が必要、という考え方が生まれてきた。
    ある抗酸化物質のうち、何と何をどれくらいの量を摂取すれば適当なのだろうかでは、さまざまアメリカの分子栄養学の専門家などは、一つひとつの成分について服用量を決めている場合もある。また一人ひとりの条件、つまり、過去の病歴や現在の病気に応じて、必要な栄養素の必要な量を示している場合もある。しかし、活性酸素の害を防ぐためとなると、何と何の成分をどれだけの量を摂取すればよいかという基準はない。とくに、わが国では、栄養学を治療に取り入れている医師は少なく、その点、アメリカなどに比べて遅れているいちばん安全で最も効果的な方法は、マルチ·ビタミン·ミネラル剤のように多種多様な栄養素を含んでいるサプリメントを服用することであろう。

    薬物療法にリハビリテーションを組み合わせる

    かつて、米国国立がん研究所が、「がん予防に効果が期待されているベータ·カロチンの栄養補助食品は効果がないだけでなく、肺がんのリスクを高める」
    と発表して話題になっ同研究所は、全米11五00人の医師平均年齢五十三歳を対象に、ベータ·カロチンのサプリメントを毎日飲むグループと、飲まないグループに分けて十四年間にわたって追跡調査をした。その結果、がんと心臓病の発症率に差はなかったそればかりか、その調査の一環で、喫煙者やアスベストに関わった約一五00人平均年齢五十八歳を対象にした調査では、ベータ·カロチンの効果について否定的な結果が出た。ベータ·カロチンとビタミンAを毎日服用したグループのほうが、両方とも服用しなかったグループに比べ、肺がんの発症率が二七パーセントも高く、死亡率も一七パーセントも高かったのであるこの研究では、アメリカ人が通常の食事から摂取する量の六たという。
    ベータカロチンやビタミンCには抗酸化作用があるが、酸素を大量に発生させることになる。
    倍もの量のベータ·カロチンを摂取させ単一のものとして大量に摂取すると、活性活性酸素には、いくつかの種類がある。活性酸素は酸素が物質と結びつく酸化反応によってつくられるがそれが還元されるとき、別の種類の活性酸素がつくられる。だから、抗酸化作用がある特定の栄養素をサプリメントで大量に摂取すると、結果的に多くの活性酸素を発生させることになってしまう。
    実際の方法としては、現在では、一種類の栄養素を大量に摂取するよりは、なるべく多くの抗酸化物質をバランスよく摂取するほうが効果があると考えられている。さまざまな抗酸化物質を同時に摂取することで、マイナス面は補われ、しかも抗酸化作用が高められると考えられているのである実際の方法としては、さまざまな食品を幅広く食べるようにして、各種のビタミン、ミネラルをバランスよく摂取するとよいし、不足しがちなものを補うためにはマルチ·ビタミン·ミネラル剤といわれるものを利用するとよいだろうビタミン、ミネラル剤には天然のものや天然型といわれるもの、さらには化学的に合成されたものがあるが吸収率では天然がいちばんすぐれている。薬もたくさんあります。


    医療でも介護でも同じです 薬をもらえば安心するのです。 歯のトラブルは医師に相談しに行こう。