健康上のメリットが大きいといえるでしょう。

薬の効果も侮れません。

こういう傾向は世界のどの地域でも見られた、脂肪や塩分が多い。そのため高と家森教授は報告しているまた、ハワイの沖縄県人会の日系人を調査したところ、七十歳以上の人たちの健康状態は良く、脳卒中を起こした人も寝たきりの人も少なかった。食生活では、食塩の摂取量が少なく、しかも、塩の害を抑える栄養素を十分にとっていた。果物や、沖縄から持ち込んだニガウリなどの野菜などをよく食べるが、これらの食品には、食塩のナトリウムの害を抑えるミネラルが豊富に含まれている蛋白質の摂取源としては、魚をよく食べ、沖縄豆腐などもよく食べていた。肉も同じくらい食べていたがゆでこぼしなどの沖縄伝統の調理法を行なっていて、脂肪を過剰に摂取することが避けられていた沖縄は世界的な長寿の地域として、世界の研究者から注目されている。
沖縄の伝統的食事は長寿食とみなされているが、ハワイに移民した沖縄の人たちの間では、異国の地にあっても、沖縄の伝統食が廃れることなく伝わっていたというわけである家森教授は、を挙げている世界中の長寿·短命地域を調査した結果から、長寿を達成するための条件として次の10カ条

、食塩を控える・動物性脂肪のとり過ぎに気をつける・野菜·果物をたっぷり食べる・牛乳やヨーグルトなどの乳製品をとる・魚·内臓肉、大豆で良質の蛋白質やタウリンをとる・いろいろな食材をバランスよく食べる・適度な運動を心がける・どの食品にどんな栄養素があり、どのような食べ方がよいかを学ぶ・友人や家族と一緒に食事をとる

10·小さなことにこだわらず、前向きに生きるまた、家森教授はその研究の結果から、興味深い教訓を導き出している。

老化防止の最も効果的な方法であると考えられるただ

魚、大豆、海藻という日本の代表的栄養源を、短命地域であるブラジル内陸部のカンポグランテ在住の、生活習慣病のリスクの高い人たち100人に十週間食べてもらったところ、血圧や血ーコレステロール値などが改善したという。日本の伝統的食品の良さが証明されたわけで、家森教授は、「このような結果をもとに、短命地域を長寿地域に変え、長寿地域の伝統食を守っていくための処方箋を地球規模で出していきたい」と語っている。
さらに、家森教授は、長寿ということに関し、「血管が寿命を決めているといっても過言ではない」と、血管の重要性を次のように強調しているテロメアが寿命を決めているという知見は、二十世紀後半における、非常に大きな学問的成果と言うことができます。
しかし、現実的に何が寿命を決めているかというと、人が亡くなる主な原因となっているのは、脳卒中や心筋梗塞といった、脳と心臓の疾患なのです。脳や心臓の神経細胞は、一度なくなってしまったら、原則として再生しません。しかも、脳の神経細胞などは、たった四分間の虚血でも駄目になってしまいます。心臓の心筋細胞も、それが駄目になって心臓が止まってしまえば、血液循環が行なわれなくなり、全身が死んでしまいます。この側面から見ると、脳卒中や心筋梗塞という疾患は、血管にかかわる疾患と言うことができます。しばしば『人は血管とともに老いる』と言われますが、まさに、『血管が人の寿命を決めている』と言っても過言ではないわけです(NHKスペシャル驚異の小宇宙·人体Ⅲ遺伝子.DNA『命を刻む時計の秘密-老化と死の設計図-』より)長生きの条件については、がある都内の七十歳の人を十五年間追跡調査し、分析した東京都老人総合研究所の調査それによると、長生きのための条件は、・血液中の蛋白質が多い・血色素が多い・太り方は中くらい・握力が強い・短期の記憶力がよい・運動の習慣がある・タバコを吸わない・お酒を少し飲む・社会活動性が高い10·牛乳を飲む11·油脂の料理をよくとる次のとおり。

 

治療を始めることが大切です。

認知症センター薬剤で行動を穏やかにするほうが先決です。

また、同調査は百歳以上の人に関する食生活も調査しており、それによると、性八〇パーセント以上が、毎日欠かさず肉、魚などの動物性食品をとっていた。
男性の100パーセント、女前述したように、長寿者が多いことから、沖縄の食事が注目されている。沖縄は他府県に比べ、脳卒中、心臓病などの代表的な循環器系の病気が少ない。食事は、豚肉などの動物性蛋白の摂取量が多く、塩分の摂取量が少ない。また、ニガウリなどの野菜をたくさん食べる習慣もある。肉は一度、湯どおししてから使用するので過剰に脂をとることもない。このように、全般的に長寿地域や百歳以上の人の食事は、塩分の摂取が少なく、野菜、豆類などの植物性食品を多くとっており、しかも、肉、魚などの動物性食品を適度にとっているといえる。
沖縄の長寿者については、今日では伝統的食事に変化が見られるようになったからだろうか。同じ長寿者でも、以前は元気があふれていたが、現在は百歳以上の人の数は増えたものの、以前よりも元気な高齢者は減ってきているようだ。沖縄の人たちの長寿と食生活などの関係を研究したきた、鈴木信·琉球大学名誉教授現、沖縄長寿科学研究センター長によると「百歳以上の人の総数は増えてきたが、そのうちで寝たきりの人が占める割合も高くなってきた」という。
同教授が百歳以上の長寿者の研究を始めた一九七六年頃、沖縄の百歳以上の人は三十人程度だった。そしてその九割以上が在宅で元気な、「かくしゃくたる長寿エリート」だったという。しかし、百歳以上が四00人近くに増えた今、六割が寝たきりか痴呆症だというのである。その理由について沖縄に長寿の人が多いのは食生活の影響が強いのですが、そのほかにも、温暖な気候や自然に親しむ生活また、家族と同居しているなど、さまざまな要因が関係していると考えられます。百歳の人は増えてきたけれど、元気な長寿者が減った背景には、生活環境の変化も関係しているのではないでしょうかと語っている百寿者の遺伝子がわかってきた世界の長寿地域の食生活の研究を背景に、さらに世界各国、長寿者に共通の遺伝子や因子を見つけようという研究が進んでいる。百歳を超えて元気に過ごしている高齢者を、センテナリアンセンチナリアンといい百寿者と訳される。

症状を訴える女性が増えています。ちなみに、センテナリアンは英語で、世紀を表わすセンチュリーという言葉から派生してできた言葉で、一世紀を生きた人の意味であり、百寿者は鈴木信名誉教授がつくったその訳語だとい同教授は、沖縄の百寿者六00人の遺伝子を二十年以上にわたって調べてきて、子があることを突き止めた。
この人たちに共通した遺伝その遺伝子とは、第六染色体にあり、病原菌などから体を守る免疫の機能に関係するHLA遺伝子の一つで、DR遺伝子と呼ばれる。この遺伝子には110種類のタイプがあり、それを父親、母親から1つずつ受け継ぐそれらの組み合わせのうち、沖縄の百寿者に最も多い組み合わせが特定できたというのであるその組み合わせは、DR1というタイプを持ち、DR9というタイプを持たない。
DR1は、外から侵入する細菌などの外敵に対抗できるのが特徴。DR9は、膠原病などの自己免疫性疾患にかかりやすいという。
つまり、が自分の体を攻撃する自己免疫性疾患にはなりにくいくい遺伝的素因があることが明らかになったのであるこの組み合わせの遺伝子を持つ人は、外敵に対する抵抗力免疫力は強く、しかも、自分の免疫れらのことから、沖縄の百寿者たちは病気になりにまた、フランスの百寿者では、あることが明らかになっている。
アルツハイマー型痴呆になりにくい遺伝子の型を持っているという共通性が百寿者は動脈硬化になりにくい以前から八十歳以上でも元気な人たちは動脈硬化が進んでいない、といわれていた。それを証明するデータは一部にはあったが、学会レベルでの報告はなかった。ところが最近、研究が進んできて、百寿者に共通する因子として、動脈硬化が進んでいないことが証明されるようになってきた慶応義塾大学医学部老年科の広瀬信義講師は、首都圏在住の百歳以上の人を実態調査しており、百寿者になるための条件を割り出している次頁表参照
認知症がわかるわけではありません。
認知症がわかるわけではありません。

健康によい理由かゆ前のページ

薬のメリットとデメリットを早急に知りたかったからです。それによると、百寿者には、心筋梗塞や脳梗塞などの致命的な動脈硬化性の疾患を持っている割合が低いと、同講師はいう「血液中の脂質を調べると、抗動脈硬化作用を持つHDL善玉2コレステロールの数値が高く、総コレステロール、LDL悪玉コレステロール、アポB蛋白など、動脈硬化の危険因子が低いことが明らかになりました」
HDLコレステロールは、大きくは2と3の二種類に分けられ、LDLコレステロールを抑制する働きが強いのがHDLの2のほうである。
アポB蛋白は、悪いコレステロールのもとになる脂質で、これが多いと血中のLDLコレステロールの数値が高くなるまた、遺伝的素因としては、百寿者には、アポリポ蛋白Eが2のタイプアポリポ蛋白E2の人が多いことがわかっているという。アポリポ蛋白Eについては、アルツハイマー病の項でも触れるが、これにはE2からE4まで三つのタイプがあり、両親から1つずつ受け継ぐE4を持っている人はコレステロールが高くなりやすく、動脈硬化が進みやすいし、アルツハイマー病にな一方、E2の人は動脈硬化にもアルツハイマー病にもなりにくいと考えられている。広瀬講るリスクが高い師は、若い人と百歳の人でEのどのタイプが多いかを比較調査した。その結果は、百歳の人ではE2を持った人は若い人の二倍、E4を持った人は若い人の半分で、百歳以上の人はE4の人は少なく、E2の人が多いことが判明している。

認知療法

ちなみに、沖縄の百寿者でも、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の防御因子であるアポリポ蛋白E2を持っている割合が高く、アルツハイマー型痴呆の危険因子であるアポリポ蛋白E4を持っている割合が低いことが明らかになったという。
広瀬講師によると、百寿者には糖尿病の人が非常に少ないのも際立った特徴の一つであり百寿者に糖尿病の人が少ないのは、フランスやデンマークでも同じです。糖尿病があると確かに寿命が短いという結果が出ています。現在百歳の人たちが五十、六十歳の時代には、食事療法などで血糖値をコントロールする方法がまだ普及していなかったので、血糖値のコントロールがうまくできていない人が多かったと思われます。
現在はそれが広まり、血糖値がコントロールされるようになったので、今後は糖尿病でも百歳まで生きる人が増えてくるかもしれません
と語っている。
一方、遺伝的に長寿に不利な素因を持っている百寿者もいることから、環境因子も寿命に与える影響が大きいことがわかってきたという。
遺伝的に悪い素因の人が、なぜ百歳まで生きるのでしょうか。環境因子の中で大切なのは栄養ですが、たとえば、栄養状態のよい百寿者は、栄養状態の悪い百寿者に比べ、日常生活の活動の度合いや認知機能が高いことがわかってきました。つまり、心身の活動性が高く、痴呆にならない、寝たきりにならないということです。
このように、部分的にはわかってきたこともありますが、しかし、遺伝的素因と環境因子の相互作用については、まだ完全には解明されていません。医師が多いからです。


薬剤で行動を穏やかにするほうが先決です。 神経症と言われるもんです。 ストレスはうまく解消されない